〜すべてを賭ける〜「投資」と「ギャンブル」の違いとは?

実際、「投資」と「ギャンブル」には違いがありますが、残念ながら、この2つを区別できていない人は多いようです。ほとんどの場合、ギャンブルと投資は、利益という同一の角度から捉えられていますが、投資の方のプロセスは事前によく計画され、綿密なリサーチが行われているのに対し、ギャンブルは主に感情に左右されることを強調しておく必要があるでしょう。つまり、ギャンブルは大勝ちか大負けを意味し、手に入れることもあればすべてを失う可能性すらあるリスクの高い行為なのです。

こうした最も重要な違いのほかにも、知っておく価値のあることを幾つかお伝えしましょう。

  • 投資はリサーチに基づくが、ギャンブルは運次第

基本的な違いとして、投資とギャンブルには微妙な境界線がありますが、投資には事前のリサーチが必要でギャンブルには必ずしも必要ではありません。しかし、有益なヒントや噂を基に投資を行うこともあれば、ギャンブルのためにリサーチを行うこともあります。先物取引を行う場合は、株式そのものを買うよりも多くのリサーチをするかもしれません。つまり、両者の間に存在する境界線はきわどいものであることから、投資とギャンブルを混同してしまいがちになるのです。

  • 投資は資産の所有権を得られるが、ギャンブルでは得られない

投資の場合、資産の所有権を得られる可能性がありますが、ギャンブルの場合、そうしたことはありません。ギャンブル取引の終わりに資産の所有権が絡むことはなく、さらにお金を得るかすべて失うかのいずれかです。ファンドや株式への投資は、資産の所有権につながる可能性があります。

  • 投資はギャンブルと比べて低リスク

投資の場合、損をしてもいつでもお金を取り戻すことができます。ある口座から別の口座へ、あるファンドから別のファンドへ、ある不動産から別の不動産へとお金を移すだけでお金が溜まっていくのです。ギャンブルは通常、オールイン(全賭け)の原則に基づいています。ギャンブルで負けた分を取り戻すことは、そのお金を再び投資して何かを勝ち取ろうと願わない限り、まずないでしょう。

  • ギャンブルには中毒性があるが、投資にはない

ギャンブル依存は、深刻な精神障害であると考えられており、強迫的なギャンブルを問題として認識し、対処している組織もいくつかあります。一方、投資にはそのような問題はありません。むしろ、健全な経済生活のための健全な金融活動だと考えられています。

  • 投資は目標達成に向けて計画的に行われるが、ギャンブルはそうではない

長期的に投資をしたい時、私たちはまず計画を立て、目標を持ち、実行しようとします。一方、ギャンブルの場合、より多くのお金を稼いだり、楽しんだりしようとして実行します。ギャンブルで得たお金を元手にして、将来の目標を計画することもできますが、これは高リスクな行為であり、運が味方した場合にしかうまくいきません。

ギャンブルと投資の5つの主な特徴

  1. ギャンブラーは投資家と比べて損失を軽減する方法が少ない
  2. 投資家はギャンブラーと比べてより多くの関連する情報源を持っている
  3. ギャンブルと投資の両方において重要な原則とは、リスクを最小限に抑えながら報酬を最大化すること
  4. 投資もギャンブルも、利益を得るために資本をリスクにさらす
  5. 時間が経つにつれて、投資家としては有利になり、ギャンブラーとしては不利になる